シニア世代の快適ライフにオススメなリフォーム

この記事をシェアする
B!

シニア世代にオススメのリフォーム法

足腰に痛みを感じる方のためのリフォーム

年齢を重ねても、健康で心も若々しい方もたくさんいらっしゃいます。
しかし、やはり足腰に痛みが出て来てしまうという方は多いです。
足腰に負担をかけないため、今は元気であっても今後そのような痛みを生み出さないためのリフォームをオススメします。

まず、一番手軽で便利なのが階段や廊下につける手すりです。
体の負担をおさえて、歩行しやすくなります。
足腰が痛いと、動きたくなくなってしまい、それがまた悪化のもとになってしまいます。
手すりがあると、歩きたくないという気持ちの緩和にもなります。

次に、床をフラットにすることです。
歩行時のつまづきの防止にもなりますし、車いすなどを使用されている方には必須のリフォームです。
床をフラットにすることと反対に段差を設けることにより、歩行しやすくする場合もあります。

安心して過ごせるお風呂

お風呂の時間は、一日の疲れを癒すことができます。
そんな時間をより安心してくつろぐために、シニア世代向けのオススメのリフォームをご紹介します。

まずは、浴槽です。
浴槽の深さが高いと、足を上げるのがきつい方にとっては負担がかかります。
またぎやすい深さにして、スムーズに入浴することができます。

つぎに浴槽の淵です。
握りやすい太さ、形に設計されているものに取り換えるのがオススメです。
浴槽から出るのに立ち上がりやすくなり、滑って転倒することを防ぐこともできます。

最後に、プッシュ式の排水栓です。
一般的には、浴槽の水を抜くときには、底までかがみこんで栓を抜きます。
しかし、プッシュ式の排水栓だと、お風呂の淵などの手の届きやすい場所にボタンが設置されているため、簡単に押して排水することができます。

このように、細かい部分に気遣ったリフォームをすれば、安心してゆったりとしたお風呂タイムを楽しむことができます。